コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎大水害

1件 の用語解説(長崎大水害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長崎大水害

1982年7月23日から24日未明にかけて、長崎市内を中心に集中豪雨が襲った。市中心部を流れる中島川をはじめ河川の氾濫(はんらん)や斜面地の土砂崩れが多発し、県内の死者・行方不明者は299人、住宅被害は3万9755戸に及んだ。 体験者の減少にともない、長崎市は災害時の保健師の活動マニュアルをつくったり、自治会ごとの防災マップづくりを指導したりして、継承と啓発を急いでいる。

(2015-07-22 朝日新聞 朝刊 長崎・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎大水害の関連キーワード長崎市長崎会所長崎半島長崎大学日夜長崎市の財政事情加藤平四郎馬場元治林源吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長崎大水害の関連情報