長崎屋[株](読み)ながさきや

百科事典マイペディアの解説

長崎屋[株]【ながさきや】

衣料品中心のスーパー・チェーンを展開する小売企業。チェーン・ストア理論をいち早く導入したことで有名。1948年設立。1952年長崎屋に社名変更。布団店からスタートするが,取扱商品拡大(衣料・家電・玩具・食料品)と積極的な多店舗化政策が功を奏し,1973年には売上高1000億円を達成して小売業トップクラスの地位を確立した。しかし,バブル崩壊後の不況で経営危機に直面し,第一勧業銀行の主導で自主再建を図ったが,2000年2月,東京地裁に会社更生法の適用を申請。その後,米投資ファンド・サーベランスグループの支援を受けて再建を図った。2007年には株式会社ドン・キホーテの連結子会社となった。2011年資本金40億円。2011年4月期売上高1244億円。2011年4月現在の店舗数40。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android