コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長床 ナガトコ

3件 の用語解説(長床の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なが‐とこ【長床】

《「ながどこ」とも》寺院などで、板敷きの上に一段高くして、長く畳を敷いた所。
「我独り両所の御前にて―に寝(ね)ぬ」〈梁塵秘抄口伝・一〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ながとこ【長床】

神社建築の一つ。本殿の前方にたつ細長い建物で,拝殿と明確に区別されていない例もあるが,長床は熊野系の神社に多くみられ,単なる拝殿ではなく,修験者,行人(ぎようにん)ら長床衆に一時の宿泊・参籠の場を提供する。また山形県庄内地方では部屋に区切られ,いろりがあり,宮座や氏子の集合場所にあてられて,膳,椀,鍋釜などの格納設備をもつものが多い。長床の名称で重要文化財に指定されている建物に,福島県喜多方市熊野神社長床(鎌倉時代),宮城県仙台市大崎八幡神社長床(江戸時代)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながとこ【長床】

神社の本殿の前方の細長い建物。修験者の宿泊や氏子の集会所にあてられる。
寺院などで、板敷きの上に、一段高くして畳をしいた所。 「寺房の-のやうに、畳一敷しくばかりの程/栄花 本の雫

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長床の関連キーワード春日造神社建築大社造本殿大鳥造祇園造浅間造流れ造比翼造八棟造

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長床の関連情報