コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川好道 はせがわ よしみち

3件 の用語解説(長谷川好道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川好道 はせがわ-よしみち

1850-1924 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)3年8月26日生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩士の子。日清(にっしん)戦争では混成旅団長,日露戦争では韓国駐箚(ちゅうさつ)軍司令官。のち参謀総長などをつとめる。陸軍大将,元帥。大正5-8年朝鮮総督。在任中に朝鮮民族三・一独立運動がおこり辞任した。大正13年1月27日死去。75歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川好道

没年:大正13.1.27(1924)
生年:嘉永3.8.26(1850.10.1)
明治大正期の陸軍軍人。岩国藩(山口県)藩士長谷川藤次郎の長男。藩の精義隊小隊長として戊辰戦争に参加。明治3(1870)年大阪兵学寮に入学。翌年歩兵大尉。歩兵第1連隊長として西南戦争(1877)で戦う。18~19年,フランスに派遣された。日清戦争(1894~95)では混成旅団を率いて大山巌の第2軍に属した。満州(中国東北部)と山東で連戦し旅順攻撃で勝利を収めたが,その直後の市民大虐殺は拭い難い汚名を残した。戦功により男爵,29年中将。同年桂太郎を継ぎ第3師団長。37年大将に進む。日露戦争(1904~05)では朝鮮駐箚軍司令官。終戦後,朝鮮保護条約が結ばれ,伊藤博文が朝鮮統監になると,満州朝鮮政策に関して文武離隔が広がり,伊藤と長谷川が対立し,外国の新聞にも報道されるに至った。40年,ハーグ密使事件に対して日本政府は朝鮮国王を退位させ,反日運動が激化した。45年から大正4(1915)年の間参謀総長に任命されたが政治能力に欠け,2個師団増設問題などで政党,海軍に対抗するには力不足とみられた。4年元帥となり,5年朝鮮総督に任じられたが,朝鮮啓蒙運動と経済発展に対処できず,3・1独立運動(1919.3.1)に対して銃と剣をもってしか応えられなかった。軍隊による虐殺は世界中から批判され,8年8月辞任した。<参考文献>鵜崎鷺城(熊吉)『薩の海軍 長の陸軍』

(スチュワート・ローン)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はせがわよしみち【長谷川好道】

1850‐1924(嘉永3‐大正13)
明治・大正期の陸軍軍人。長州藩士長谷川藤次郎の長男。戊辰戦争,西南戦争などに従軍。日清戦争には混成旅団長として第2軍に従軍,のち第3師団長,近衛師団長をへて日露戦争には第1軍に従軍,韓国駐劄(ちゆうさつ)軍司令官となる。軍事参議官,参謀総長などを歴任し,1914年元帥となった。16‐19年第2代朝鮮総督をつとめ,いわゆる武断政治を徹底させたが,朝鮮民族の三・一独立運動のなかで辞任した。【井口 和起】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長谷川好道の関連キーワード有坂成章大塚慊三郎河村正彦児島惣次郎鮫島重雄津野田是重仁田原重行畑英太郎堀江芳介山口十八

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone