コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野県西部地震 ナガノケンセイブジシン

3件 の用語解説(長野県西部地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ながのけんせいぶ‐じしん〔‐ヂシン〕【長野県西部地震】

昭和59年(1984)9月14日、長野県木曽郡王滝村に発生したマグニチュード6.8の地震。降り続いていた雨の影響で、山崩れ土石流などが発生し、大きな被害を及ぼした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長野県西部地震

1984年9月14日に王滝村を震源として発生した直下型地震。マグニチュード6・8、推定震度6。死者29人、住宅の全半壊87棟。地震と降りしきる雨が重なり、各地で土砂崩れを起こした。被害の大半は王滝村。村内の御岳山南側斜面で発生した大規模崩壊は「御岳崩れ」と呼ばれる

(2014-09-06 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長野県西部地震
ながのけんせいぶじしん

1984年(昭和59)9月14日8時48分に、長野県木曽(きそ)郡王滝(おうたき)村に発生した地震。規模はM6.8。震源の深さは2キロメートル。死者・行方不明29人、全半壊の建物は99。山崩れが三か所で発生し、土砂が谷を下り川をふさいだ。最大のものは10キロメートルも流下した。振動による全半壊の家屋はなく、ほとんどが山崩れと土砂の粉体流による。王滝村の震度はV(5)と強く、とくに崩れやすい所に山崩れが発生したと考えられている。[宇佐美龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長野県西部地震の関連キーワード王滝村十勝沖地震真弓峠甘粛地震浅発月震台湾大地震王滝蕪おんたけ2240長野県木曽郡王滝村長野県木曽郡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長野県西部地震の関連情報