王滝村(読み)おうたき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王滝〔村〕
おうたき

長野県南西部,御嶽山南麓木曾川の支流王滝川の流域にある村。 1970年代までは村域のほとんどがヒノキ,サワラなど木曾五木の国有林地で,林業が盛んであったが,近年は観光業が主産業となっている。中心集落の王滝は御嶽登山口の一つで,御嶽神社里宮がある宗教集落をなし,民宿も多い。御嶽山7合目の御岳高原,王滝川上流の秘境三浦ダム,中流の御岳湖などの観光地がある。多くの渓流は峡谷美をなし,新緑,紅葉が美しい。村域の一部は御岳県立自然公園に属する。面積 310.82km2。人口 839(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王滝村の関連情報