コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長門警固番 ながとけいごばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長門警固番
ながとけいごばん

文永・弘安の役後,モンゴルの襲来にそなえるためにおかれた鎌倉幕府の役名。建治1 (1275) 年5月関門海峡を中心とした長門国の警備に,長門,周防,安芸,備後の4ヵ国の御家人があてられ,翌2年8月には山陽道南海道御家人に拡大され,長門探題の指揮下に入った。この番役の慣行は幕府の滅亡後もしばらく存続したようである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ながとけいごばん【長門警固番】

鎌倉幕府が1275年に蒙古軍の襲来に備えて関門海峡などの要所を警備させるために設けた役。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報