門役(読み)モンヤク

百科事典マイペディアの解説

門役【かどやく】

江戸時代,戸ごとに課せられた税。中世の在家役の系譜を引き,元来は公事(くじ)であったが,実際には百姓の持ち石高に応じて賦課され,代銀によって納入されることが多かった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android