在家役(読み)ざいけやく

日本大百科全書(ニッポニカ)「在家役」の解説

在家役
ざいけやく

中世荘園(しょうえん)・公領で広く行われた収取制度の一つ。住居と宅地それに付属の園・畠をあわせて在家とよび、これを賦課単位として夫役(ぶやく)や絹・布・陶器・苧(からむし)・漆(うるし)などの生産物およびその代銭を徴収した。中世後期に一般的にみられる棟別役(むなべちやく)(銭(せん))も在家役の系譜を引くといえる。畿内(きない)や西国では名(みょう)の制度が発達したので、名の収取を補完するものであったが、都市や町場などでは収取制度の中核をなした。また、東国・東北でも、在家に田地が付属する田在家(たざいけ)が一般的存在形態であったので、同様に収取制度の中核をなすことが多かった。在家役は律令制(りつりょうせい)下の徭役(ようえき)、調(ちょう)、庸(よう)の系譜を引く。徭役、調、庸は人頭別賦課で徴収されていたが、律令体制の崩壊するなかで、初めは大部分が田率雑事(でんりつぞうじ)へ転化し、負名(ふみょう)などを通じて収取されるようになる。やがて、畿内・近国では11世紀末~12世紀初頭に、まず郡司(ぐんじ)などの国衙(こくが)勢力、次に荘園領主によって畠地(はたち)や在家が収取の単位として把握されるようになり、在家役が成立するが、辺境地域における成立事情は不明といわざるをえない。

[飯沼賢司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「在家役」の解説

ざいけ‐やく【在家役】

〘名〙 中世、家を単位にして賦課された税。人夫役あるいは畠地生産物の納入が主なものであった。〔白河本東寺百合文書‐九四・康和四年(1102)三月日・左衛門尉源師行解案〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「在家役」の解説

ざいけ‐やく【在家役】

中世、荘園・公領で在家3に課した公事くじ夫役が主であった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「在家役」の解説

ざいけやく【在家役】

日本の中世において家を単位に課された税。平安時代の後期に河海周辺や,寺院・神社の周辺に集住・居住した人々を対象に課されたのが始まりである。広く一般の家を対象とするようになるのは,12世紀になって諸国の国衙が公領に居住する家に対し在家役と称して課役を賦課したことを契機としている。それは,居住地は公領に置きながら,身分は荘園に帰属させ,国衙の課役を逃れようとする百姓を公領に居住することをもって把握しようという国衙の意図に基づく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android