コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閃光法 せんこうほう

2件 の用語解説(閃光法の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せんこうほう【閃光法】

化学反応の中間体や不安定な遊離基の構造や電子状態を研究するための方法の一。強度の大きい光を短時間照射して光化学反応を起こさせ、その時に生ずる遊離基などの吸収スペクトルを測定する。フラッシュ光分解法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんこうほう【閃光法 flash photolysis method】

強力な瞬間光(せん光)によって試料に光分解反応を起こさせ,遊離基(ラジカル)やイオンなどの反応中間体作り出すとともに,それらを検出する方法。フラッシュ光分解法ともよばれる。三重項状態などの電子励起状態もこの方法で観測される。せん光光源としては希ガス放電管やエアギャップが用いられる。これらの光源の両極に大容量のコンデンサー(1~1000μF)をつなぎ,それを10~20kVの高電圧で充電した後,瞬時に放電させると持続時間が1~10μs程度の強力なせん光が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

閃光法の関連キーワード炎光分光分析炎光スペクトル激写瞬間光ピエゾ効果から試験赤外線乾燥水分計りん光X線分光分析せん光放電灯(閃光放電灯)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone