コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開三顕一 カイサンケンイチ

デジタル大辞泉の解説

かいさん‐けんいち【開三顕一】

天台宗で、法華経以前に説かれた三乗の教えはすべて方便であり、法華の一乗こそ仏の悟りに導く絶対真実の教えと説くもの。→開権顕実(かいごんけんじつ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいさんけんいち【開三顕一】

天台宗で説く法華経前半の趣旨。「三」は声聞しようもん・独覚どつかく・菩薩ぼさつの三乗、「一」は法華の一乗のこと。修行方法に三乗の区別があるとするのは方便の教えであることを明らかにし、区別を超越した絶対的な一乗が真実・究極の教えであることをあらわす。 → 開権顕実かいごんけんじつ開迹顕本かいしやくけんぼん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開三顕一の関連キーワード開迹顕本開権顕実