コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開三顕一 カイサンケンイチ

2件 の用語解説(開三顕一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいさん‐けんいち【開三顕一】

天台宗で、法華経以前に説かれた三乗の教えはすべて方便であり、法華の一乗こそ仏の悟りに導く絶対真実の教えと説くもの。→開権顕実(かいごんけんじつ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいさんけんいち【開三顕一】

天台宗で説く法華経前半の趣旨。「三」は声聞しようもん・独覚どつかく・菩薩ぼさつの三乗、「一」は法華の一乗のこと。修行方法に三乗の区別があるとするのは方便の教えであることを明らかにし、区別を超越した絶対的な一乗が真実・究極の教えであることをあらわす。 → 開権顕実かいごんけんじつ開迹顕本かいしやくけんぼん

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone