閑山島(読み)かんざんとう

世界大百科事典 第2版の解説

かんざんとう【閑山島 Hansan‐do】

韓国の南部,南海中の島。固城半島の統営市(旧忠武市)から8.5kmの距離にあり,面積15.55km2の小島で,最高部の標高223m。耕地が300haほどあり,住民は半農半漁の生活を営む。ノリなどの海藻類貝類の養殖も盛んである。1592年の壬辰倭乱(文禄の役)のとき,李舜臣将軍の率いる朝鮮水軍が日本水軍を打ち破り,制海権を掌握するにいたった閑山島海戦の行われたところとして名高い。閑山島から南海の島々をめぐりつつ,全羅南道の麗水港へ至る閑麗水道は海上国立公園にも指定され,風光明美の観光コースになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閑山島
かんざんとう / ハンサンド

韓国(大韓民国)、慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)の南海岸、統営市に属する島。面積17.2平方キロメートル。付近の毎勿(まいもつ)島、漁遊島など16個の有人島と10個の無人島とともに閑山面(村)を構成する。園芸作物の栽培が活発であり、また漁業が盛んである。付近の閑麗(かんれい)水道は景色が美しく海上国立公園になっている。壬辰(じんしん)・丁酉(ていゆう)の倭乱(わらん)(文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役)に日本水軍を打ち破った李舜臣(りしゅんしん)提督の根拠地として有名である。[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android