コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間宮茂輔 まみや もすけ

2件 の用語解説(間宮茂輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間宮茂輔 まみや-もすけ

1899-1975 大正-昭和時代の小説家。
明治32年2月20日生まれ。「不同調」の同人をへて,「文芸戦線」,ナップにくわわる。昭和8年投獄され,10年転向して出獄。12年から「人民文庫」に長編「あらがね」を連載。戦後は新日本文学会,日本民主主義文学同盟に所属。昭和50年1月12日死去。75歳。東京出身。慶応義塾中退。本名は真言(まこと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間宮茂輔
まみやもすけ
(1899―1975)

小説家。東京生まれ。本名は真言(まこと)。慶応義塾大学文科予科中退後、鉱山、灯台などで働き、その体験が後の作品に生かされる。『不同調』に参加するが、変貌(へんぼう)する漁村を描いた『朽ちゆく望楼』(1929)を発表し、プロレタリア文学運動に近づき、『文芸戦線』を経て、ナップに加わる。入獄を経験したのち、『人民文庫』に参加し、『あらがね』(1937~38)を連載。戦後は民主主義文学運動や平和運動の推進に力を尽くした。[鳥居明久]
『『現代日本小説大系58』(1952・河出書房) ▽『日本現代文学全集69』(1969・講談社) ▽『日本プロレタリア文学集13 「文芸戦線」作家集(4)』(1986・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間宮茂輔の関連キーワード浅見淵石浜金作伊藤人誉江馬修大泉黒石鈴木彦次郎諏訪三郎寺崎浩寺本忠雄山田キク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間宮茂輔の関連情報