コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間隙流体 かんげきりゅうたいpore fluid

岩石学辞典の解説

間隙流体

岩石中で固体の鉱物物質の粒間の空間を占めている液体または気体.これらの組成は温度などで変化し,ダイアジェネシス変成作用では重要な役割を演じ,交代作用では物質の供給などの働きをすると考えられている[Nockolds : 1933].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

間隙流体の関連キーワード液状化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android