コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関ケ原の戦い

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

関ケ原の戦い

慶長5(1600)年9月15日、徳川家康が率いる東軍と、石田三成西軍が戦った。東西合わせて15万人以上の軍勢がいたとされ、濃霧のなか、午前8時ごろに戦いが始まった。当初は西軍が優位だったが、西軍・小早川秀秋の大軍約1万5千人の裏切りなどで、約6時間にわたる戦いは東軍の勝利に終わった。死者は両軍合わせて6千人や8千人などの説がある。関ケ原古戦場には戦国武将の陣跡などがあり、一部は国の史跡に指定されている。

(2015-06-19 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

関ケ原の戦いの関連キーワード宇喜多秀家(1572―1655)浅野長政(1547~1611)黒田官兵衛孝高(よしたか)岐阜県不破郡関ケ原町河内七郎右衛門伊東新五左衛門小野木シメオン勝野平左衛門伊東半右衛門高石左馬之助沢橋六太夫石田三成妻安積覚兵衛島勘左衛門大久保忠常栖本親高岩田盛弘今井道与安藤定次小川祐忠

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関ケ原の戦いの関連情報