コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関ケ原の戦い

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

関ケ原の戦い

慶長5(1600)年9月15日、徳川家康が率いる東軍と、石田三成西軍が戦った。東西合わせて15万人以上の軍勢がいたとされ、濃霧のなか、午前8時ごろに戦いが始まった。当初は西軍が優位だったが、西軍・小早川秀秋の大軍約1万5千人の裏切りなどで、約6時間にわたる戦いは東軍の勝利に終わった。死者は両軍合わせて6千人や8千人などの説がある。関ケ原古戦場には戦国武将の陣跡などがあり、一部は国の史跡に指定されている。

(2015-06-19 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関ケ原の戦いの関連キーワード宇喜多秀家(1572―1655)黒田官兵衛孝高(よしたか)岐阜県不破郡関ケ原町小野木シメオン伊東新五左衛門加藤九郎右衛門河内七郎右衛門勝野平左衛門伊東半右衛門石田三成妻甲斐庄正房喜多見勝忠小野木重次奥平家昌小川祐忠大友義乗大関資増安藤定次岡田善同今井道与

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関ケ原の戦いの関連情報