関ケ原の戦い

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

関ケ原の戦い

慶長5(1600)年9月15日、徳川家康が率いる東軍と、石田三成西軍が戦った。東西合わせて15万人以上の軍勢がいたとされ、濃霧のなか、午前8時ごろに戦いが始まった。当初は西軍が優位だったが、西軍・小早川秀秋の大軍約1万5千人の裏切りなどで、約6時間にわたる戦いは東軍の勝利に終わった。死者は両軍合わせて6千人や8千人などの説がある。関ケ原古戦場には戦国武将の陣跡などがあり、一部は国の史跡に指定されている。

(2015-06-19 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関ケ原の戦いの関連情報