コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東評定伝 かんとうひょうじょうでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関東評定伝
かんとうひょうじょうでん

関東評定衆伝』ともいう。嘉禄1 (1225) 年から弘安7 (84) 年にいたる,鎌倉幕府執権評定衆引付衆の任命と官歴を記したもの。2巻。作者,成立年代未詳。幕府の執権体制下の政治は,合議制であったから,それぞれの合議機関の構成と変遷とを知るうえで,貴重な史料。『群書類従所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんとうひょうじょうでん【関東評定伝】

著者,成立年代ともに不詳。2巻。《関東評定衆伝》《関東評定家伝》ともいう。1225‐84年(嘉禄1‐弘安7)につき(ただし1226‐31年なし)1年ごとに,その年のおもな事件を冒頭に載せ,執権,評定衆,引付衆の現任者を列記し,あわせて彼らの公武の官職の異動,略歴を記したもの。鎌倉幕府執権政治の中核たる幕府意思決定機関の人員構成の変遷を知る貴重な史料で,《群書類従》に収載されている。【青山 幹哉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関東評定伝
かんとうひょうじょうでん

鎌倉幕府評定所の構成を年ごとに示した記録。『関東評定衆伝』ともいう。全2巻。編者、成立年代ともに不明。第1巻は1225年(嘉禄1)より63年(弘長3)まで、第2巻は1266年(文永3)より84年(弘安7)までの執権(しっけん)、連署(れんしょ)、評定衆、引付衆(ひきつけしゅう)の補任(ぶにん)を記載して、彼らの略伝を付しており、さらにその年の重要事件を注記している。この時期の鎌倉幕府の人事を知るうえでの好史料である。『群書類従』補任部所収。[伊藤喜良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関東評定伝の関連キーワード二階堂行盛越訴奉行後藤基綱補任

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android