コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闘竜灘 トウリュウナダ

2件 の用語解説(闘竜灘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうりゅう‐なだ【闘竜灘】

兵庫県中央南部、加東市滝野町上滝野にある名勝。加古川の中流に位置し、川床は奇岩・怪石が多く、その岩に阻まれた川の流れは激流や滝となっている。飛びアユの名所。名の由来は、巨竜の躍動にも似た風景を、幕末の詩人梁川星巌(やながわせいがん)七言絶句に詠んだことから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

闘竜灘
とうりゅうなだ

兵庫県中南部、加東(かとう)市にある加古(かこ)川中流の景勝地。石英粗面岩の奇岩が川床に起伏し、激しい流れが岩の上を走る。名称は幕末の詩人梁川星巌(やながわせいがん)の詩による。ここは舟運の難所であったが、近世初期に岩盤を削り、以来、滝野は高瀬舟が往来する加古川水運の中継地として栄えた。飛びアユの名所として知られ、筧(かけい)を利用する「筧とり」、落差をつくって集まるアユをくむ「くみ鮎(あゆ)」というここ独自の漁法がある。JR加古川線滝野駅下車。[大槻 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の闘竜灘の言及

【滝野[町]】より

…滝野工業団地を中心に各種工業が立地している。加古川はアユ釣りの名所で,石英粗面岩の奇岩からなる闘竜灘などの景勝地がある。県立播磨中央公園には野外ステージやバラ園などが整備され,多くの人が訪れている。…

※「闘竜灘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

闘竜灘の関連キーワード滝野瓢水朝来加古川滝野川兵庫教育大学加東市加東二見の浦クライド滝野生保護区滝野検校

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

闘竜灘の関連情報