コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闘竜灘 トウリュウナダ

デジタル大辞泉の解説

とうりゅう‐なだ【闘竜灘】

兵庫県中央南部、加東市滝野町上滝野にある名勝。加古川の中流に位置し、川床は奇岩・怪石が多く、その岩に阻まれた川の流れは激流や滝となっている。飛びアユの名所。名の由来は、巨竜の躍動にも似た風景を、幕末の詩人梁川星巌(やながわせいがん)七言絶句に詠んだことから。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

闘竜灘
とうりゅうなだ

兵庫県中南部、加東(かとう)市にある加古(かこ)川中流の景勝地。石英粗面岩の奇岩が川床に起伏し、激しい流れが岩の上を走る。名称は幕末の詩人梁川星巌(やながわせいがん)の詩による。ここは舟運の難所であったが、近世初期に岩盤を削り、以来、滝野は高瀬舟が往来する加古川水運の中継地として栄えた。飛びアユの名所として知られ、筧(かけい)を利用する「筧とり」、落差をつくって集まるアユをくむ「くみ鮎(あゆ)」というここ独自の漁法がある。JR加古川線滝野駅下車。[大槻 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の闘竜灘の言及

【滝野[町]】より

…滝野工業団地を中心に各種工業が立地している。加古川はアユ釣りの名所で,石英粗面岩の奇岩からなる闘竜灘などの景勝地がある。県立播磨中央公園には野外ステージやバラ園などが整備され,多くの人が訪れている。…

※「闘竜灘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

闘竜灘の関連キーワード兵庫県加東市滝野[町]大槻

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闘竜灘の関連情報