コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火樹 ぼうかじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防火樹
ぼうかじゅ

防火のために林縁や家のまわりに設ける樹帯のこと。常緑広葉樹が樹冠火を起しにくいので適しており,樹種は山桃,さんご樹などがあげられる。山林の防火樹帯は尾根などに設置されることが多く,一般造林より育成がむずかしいので,天然生林を切り残す方法なども用いられる。家のまわりの防火樹には,ゆずりは,いちょう,八つ手なども利用される。植栽には抵抗性の強い樹種をできるだけ密植する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうか‐じゅ〔バウクワ‐〕【防火樹】

火災の延焼を防ぐため、家屋などの周囲に植える木。イチョウサンゴジュ・カシ・シイ・ユズリハなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうかじゅ【防火樹】

火災の延焼を防ぐ目的で家屋の周囲に植える木。サンゴジュ・カシ・シイなどが用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

防火樹の関連キーワードサンゴジュ(珊瑚樹)珊瑚樹防火林火災

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android