コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阻止能 そしのうstopping power

3件 の用語解説(阻止能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阻止能
そしのう
stopping power

ある物質をある種類の荷電粒子が通過したとき,物質原子の電離や励起によって粒子が失うエネルギーの度合いを,その物質のその荷電粒子に対する阻止能という。物質の厚さを単位面積質量,すなわちグラム毎平方センチで表わしたときの阻止能を質量阻止能ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阻止能
そしのう

荷電粒子が物質中を通過したとき、その通過した道筋(飛跡)に沿って単位長さ当りに荷電粒子が失った平均のエネルギー損失を、その物質の阻止能という。荷電粒子のエネルギー損失のほとんどは物質中の電子とのクーロン相互作用によるもので、分子・原子を電離し、あるいは電子をより高いエネルギー準位に励起することに費やされる。これらの現象は、荷電粒子のエネルギーや物質の密度などで決まる確率に基づく統計的現象で、個々の荷電粒子のエネルギー損失は、その平均値の周りに分布した値をとる。阻止能は、陽子やα(アルファ)粒子などの重い荷電粒子に対しては、物質を構成する原子の原子番号すなわち電子の個数と、単位体積当りの原子の個数に比例する。また100万~1億電子ボルトの重い荷電粒子に対しては、ほぼその運動エネルギーに反比例し、電荷の二乗と質量に比例する。[西村奎吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の阻止能の言及

【LET】より

…荷電粒子放射線が物質中に入射すると,放射線の持つエネルギーは,入射荷電粒子と物質中の電子や原子核との衝突によって失われる。このとき,荷電粒子が物質中を進む経路に沿っての単位長さ当りに失われる放射線エネルギーの割合を阻止能stopping powerと呼ぶが,阻止能は入射放射線のエネルギーの変化とともに変化する。この入射放射線の全飛程にわたっての阻止能の平均値をLETと呼ぶ。…

※「阻止能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone