阿佐太子(読み)あさたいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿佐太子
あさたいし

古代,推古5 (597) 年に朝貢した百済王の子といわれるが,百済の史料にはない。『聖徳太子伝暦』に,彼は来朝して聖徳太子を拝し,観音菩薩化身だといい,太子も彼は前世において自分の弟子であったと近侍の者に語ったとある。もと法隆寺の所蔵で,現在御物の唐本御影と呼ばれる太子画像を阿佐太子筆とするのは,鎌倉時代の法隆寺僧が,慶政上人の説とした記事によるもので信ずるに足りない。その画風からみても奈良時代前期の作品である。また,唐の閻立本 (えんりっぽん) の貴人像を模したものとする説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿佐太子 あさたいし

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の王子。
推古天皇5年(597),威徳王の命で来日。「聖徳太子伝暦」によれば,聖徳太子が「阿佐は前世でわが弟子であった」とつげたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさたいし【阿佐太子】

597年来朝した百済くだらの王子。聖徳太子に会うと観音菩薩の化身であると合掌し、聖徳太子もまた阿佐太子が前世の弟子であると言った(聖徳太子伝暦)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あさ‐たいし【阿佐太子】

百済(くだら)の王子。推古天皇五年(五九七)来朝。聖徳太子に会うと、救世観音(ぐぜかんのん)の化身であると合掌し、太子もまた、わが弟子であると言ったという伝説がある。御物「聖徳太子御影」はその筆と伝えられる。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android