コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救世観音 ぐぜかんのん

5件 の用語解説(救世観音の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

救世観音
ぐぜかんのん

一般には救世観音聖観音の別名で,その形姿は腹前で宝珠をなでるものをさす場合が多いが,経典に救世観音の名はみえず,必ずしも明確ではない。日本では,飛鳥時代に造顕の法隆寺夢殿の秘仏本尊 (国宝) が最もよく知られ,大阪,四天王寺の白鳳時代作『菩薩半跏像』や京都三千院の鎌倉時代作『菩薩半跏像』なども救世観音として造られたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くせ‐かんのん〔‐クワンオン〕【救世観音】

救世観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

救世観音【ぐぜかんのん】

観音の別名。観音は聖観音が総体とされ,世の苦しみを救うのでこの名で呼ばれる。胸の前で手を合わせ宝珠を持つ姿をとる。法隆寺夢殿の像は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぐぜかんのん【救世観音】

この名称は経典には説かれていないので,観音としては正統的な尊像ではない。作例としては法隆寺夢殿の本尊で,聖徳太子等身の御影と伝える観音菩薩立像が著名であるが,大阪四天王寺や京都三千院の菩薩半跏像もこの名で呼ばれており,形像は一致していない。名称の由来は《法華経観世音菩薩普門品の中の〈観音妙智力 能救世間苦〉という表現にあると考えられており,平安時代に盛んとなる法華経信仰と,さらに聖徳太子の伝説によって,この尊名が生まれたと推測されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くせかんのん【救世観音】

「救世観世音菩薩」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の救世観音の言及

【聖徳太子】より

…このような説話の発展が示すように,太子は日本における仏教の伝来と流布を象徴する貴種であった。《伝暦》が百済の阿佐王子の敬礼文として〈救世大慈,観音菩薩,妙教流通,東方日国,四十九歳,伝灯演説,大慈大悲,敬礼菩薩〉を伝えるように,太子は救世観音,また如意輪観音の化身とされ,あるいは聖武天皇に再誕して大仏を造ったともいう。真言宗では,平安時代に弘法大師や聖宝に再誕したという説が生まれ,天台宗では,最澄がすでに太子を聖人としてたたえ,《伝暦》などにみえる《七代記》逸文によれば,太子の前生に天台宗の祖である南岳慧思禅師をあて,衡(こう)山で達磨大師とめぐり会いともに日本に転生して仏法を流布しようと誓ったという。…

【法隆寺】より

… 西院伽藍の東方に隣接する東院伽藍は上宮王院といい,八角円堂の夢殿と伝法堂・絵殿・舎利殿よりなる。夢殿は,643年(皇極2)蘇我入鹿の手により焼亡した太子の斑鳩宮(いかるがのみや)跡に,739年(天平11)僧行信により造営され,北魏様式の救世観音像を安置してあることにより著名である。夢殿の背後には馬道を中央にして二つに区別された舎利殿と絵殿がある。…

【夢殿】より

…夢殿の名は,斑鳩宮に同名の建物があり,聖徳太子が時々その中にこもり政事や仏教に思いをめぐらせたが,そのとき金人(仏像)が現れて妙義を告げたという伝説にもとづく。太子等身と伝える救世(ぐぜ)観音を祀る。夢殿は八角円堂で,この形式は現存遺構は少ないが鎮魂の堂の役割をもつ例が多い。…

※「救世観音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

救世観音の関連キーワードアルファベット散華七難七宝総鰭類経宗説経二蔵能詮けちな稲荷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

救世観音の関連情報