コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿古屋の琴責 アコヤノコトゼメ

百科事典マイペディアの解説

阿古屋の琴責【あこやのことぜめ】

文耕堂・長谷川千四(せんし)作,1732年初演の浄瑠璃《壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)》の3段目。《出世景清(しゅっせかげきよ)》の改作。平家の勇将景清のゆくえを捜す畠山重忠が,景清の恋人である遊女阿古屋の心の真偽を知ろうと,琴・三味線・胡弓をひかせる場面で,歌舞伎でも上演される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あこやのことぜめ【阿古屋の琴責】

浄瑠璃「壇浦兜軍記」三段目の口の通称。阿古屋の琴・三味線・胡弓こきゆう演奏の場を見せ場とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

阿古屋の琴責の関連キーワード責め場・責場義太夫節見せ場文耕堂