コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波根昌鴻 あはごん しょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿波根昌鴻 あはごん-しょうこう

1901-2002 昭和-平成時代の反戦運動家。
明治34年(戸籍明治36年)3月3日生まれ。郷里沖縄県の嘉手納(かでな)農林中退後,大正14年からキューバ,ペルーで移民生活をおくる。昭和9年帰国,伊江島で農業に従事。戦後一貫して,米軍土地収用に対する反対闘争を展開。59年反戦平和資料館「ヌチドゥタカラ(命こそ宝)の家」を建設。平成14年3月21日死去。101歳。著作に「米軍と農民」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阿波根昌鴻の関連キーワード[各個指定]芸能部門ゴールドスミス(Jerry Goldsmith)科学技術[各個指定]工芸技術部門安野光雅ムン ソリシカゴ・ホワイトソックスヨーロッパサッカー会田誠エンロン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿波根昌鴻の関連情報