コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部浩 あべ ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿部浩 あべ-ひろし

1852-1922 明治-大正時代の官僚,政治家。
嘉永(かえい)5年1月生まれ。阿部金剛(こんごう)の父。もと陸奥(むつ)盛岡藩士。内務省にはいり,群馬,千葉,富山,新潟の各県知事を歴任。明治25年衆議院議員(当選2回),39年貴族院議員,41年東京府知事。大正11年10月7日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿部浩

没年:大正11.10.7(1922)
生年:嘉永5.1(1852)
明治大正期の官僚,実業家。南部藩(岩手県)藩士阿部雄平の子。内務官僚として社寺局長,群馬・千葉・富山・新潟・東京各府県知事を歴任したほか,衆院議員,貴族院議員(勅選)を務めた。同郷の原敬に郵便報知新聞社入社を周旋し,のち原の後援で東京府知事のポストを得た。<参考文献>山本亀城(実彦)『政界の寧馨児

(長井純市)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

阿部浩の関連キーワードアムネスティ・インターナショナル万国著作権条約足利市立美術館アップダウンベルヌ条約阿部 金剛音楽著作権阿部浩貴竹森巧

阿部浩の関連情報