コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同腹 ドウフク

デジタル大辞泉の解説

どう‐ふく【同腹】

同じ母から生まれたこと。また、その人。⇔異腹
心を同じくすること。また、その人。同心。
「此者島田と―にて主家を不義に陥れしめ」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうふく【同腹】

同じ母親から生まれたこと。また、その人。 ⇔ 異腹 「 -の兄弟」
志が同じであること。同じ考え。また、その人。 「天が下を志す汝が望も、某と-同性/浄瑠璃・廿四孝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

同腹の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻源氏物語/おもな登場人物用明天王職人鑑東孺・東豎子兄・夫・背式子内親王クロギツネ藤原俊成女たまきはる北条重時月江宗澄早良親王徳田秋声高倉範子藤原豊成安積親王阿野全成胎生魚同腹中天が下

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android