(読み)シキリ

デジタル大辞泉の解説

しきり【陣】

《動詞「しき(頻)る」の連用形から》出産間際に起こる痛み。陣痛
「―は来れども取りあげばばの約束もなく」〈浮・置土産・三〉

じん〔ヂン〕【陣】

軍隊を配置して備えること。陣立て。「雁行(がんこう)の」「背水の

㋐軍隊の集結している所。兵営。陣地。陣営。「を張る」
㋑共通の目的をもって、まとまった人々。集団。多く、他の語と複合して用いられる。「講師」「報道」「第一
いくさ。たたかい。合戦。「大坂夏の
陣の座」に同じ。
「昔、晴明、―に参りたりけるに」〈宇治拾遺・二六〉
宮中警護の衛士(えじ)の詰め所。また、そこに詰めている人。
「―に左大臣殿の御くるまや御前どものあるを」〈大鏡・師尹〉
僧たちの出入り口。
「僧正かへりて侍りしに、―の外まで僧都(そうづ)見えず」〈徒然・二三八〉

じん【陣】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジン(ヂン)(呉)
軍隊の配置。陣立て。また、軍勢を集めて備えを立てた所。「陣営陣形陣地陣頭陣容陣列円陣堅陣退陣敵陣布陣本陣
事に対処するための構え。「筆陣論陣
戦場。戦い。「陣没殺陣出陣戦陣訓
ひとしきり。にわかに。「陣痛一陣
[名のり]つら
[難読]殺陣(たて)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しきり【陣】

〘名〙 (動詞「しきる(頻)」の連用形の名詞化。繰り返される痛みの意から) 出産のまぎわに起こる痛み。陣痛。
※俳諧・西鶴大句数(1677)六「しきりがきてから松むしの声 送り荷や不破の関山越ぬらん」
※咄本・初音草噺大鑑(1698)一「うみ月になれば、なじみのとりあげばば来りて、さあしきりがついたとていきますれば」

じん ヂン【陣】

〘名〙
① 兵士を配列して編制する隊伍。陣だて。陣列。隊列。
※平家(13C前)七「さる程に、源平両方陣をあはす」 〔論語‐衛霊公〕
② 軍勢の駐屯する所。兵営。陣営。陣屋。
※今昔(1120頃か)一「波斯匿王の軍、戦ひ負て陳被破ぬ」 〔史記‐樊噲伝〕
③ 朝廷の行事に、武官が出仕して整列する所。また、武官の隊伍・行列。
※三代実録‐天安二年(858)一〇月一日「日有蝕之、六衛府見直於陣者賜絹綿各有差」
※西宮記(969頃)二「当日大臣已下、自陣着議所
⑤ 内裏諸門の異称。例えば、建礼門は青馬陣(あおうまのじん)、朔平門は縫殿陣(ぬいどののじん)または北の陣、建春門は左衛門の陣、宣陽門は左兵衛の陣または東の陣、日華門は左近の陣ともよばれる。
※枕(10C終)三「左衛門の陣のもとに、殿上人などあまた立ちて」
⑥ 僧たちの出入り口。
※徒然草(1331頃)二三八「賢助僧正に友なひて、加持香水を見侍しに、いまだはてぬほどに、僧正かへりて侍しに、陣の外まで僧都みえず」
⑦ いくさ。戦い。合戦。
※平家(13C前)八「鎧に立烏帽子で軍の陣へいでられたりけるが」 〔南史‐梁元帝紀〕

じん‐・する ヂン‥【陣】

〘自サ変〙 ぢん・す 〘自サ変〙 陣をかまえる。陣地をつくる。陣取る。
※太平記(14C後)一七「勾践之在会稽也、陣(ヂンス)兵天台山之北

じん‐・す ヂン‥【陣】

〘自サ変〙 ⇒じんする(陣)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【出陣】より

…武士が戦場に赴くことをいう。一般に出陣にさいしては出陣式が行われた。これは戦陣作法の一つで戦闘に臨み武将以下士卒が行う士気高揚のための儀式であった。…

【先陣】より

…中世武家社会における戦時の陣営の一つ。本陣の前方に設けたことに由来し,進撃の最先端を意味した。…

※「陣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android