コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆子女王 たかこじょおう

1件 の用語解説(隆子女王の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

隆子女王

没年:天延2.閏10.17(974.12.3)
生年:生年不詳
平安中期の斎宮。松本宮と称される。醍醐天皇の子である章明親王の娘。安和2(969)年,伊勢斎宮に卜定される。天禄1(970)年,初斎院から野宮に移り,1年の潔斎ののち伊勢に下向した。伊勢にて奉仕すること3年余,天延2(974)年に疱瘡を病み,現地でその生涯を閉じた。なお,隆子は和歌を好み,源順を判者として歌合を行ったとの説もあるが,史料にはみえない。のちの斎宮,規子内親王が天禄3年8月に催した前栽歌合が,史料によっては「斎宮歌合」と呼ばれていることから,当時の斎宮隆子が主催したものと誤解されたのであろう。

(西村さとみ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

隆子女王の関連キーワード蜻蛉日記太陽日展五代史セ氏温度マーワルディー推定相続人菅原芳子平致頼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone