コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆子女王 たかこじょおう

1件 の用語解説(隆子女王の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

隆子女王

没年:天延2.閏10.17(974.12.3)
生年:生年不詳
平安中期の斎宮。松本宮と称される。醍醐天皇の子である章明親王の娘。安和2(969)年,伊勢斎宮に卜定される。天禄1(970)年,初斎院から野宮に移り,1年の潔斎ののち伊勢に下向した。伊勢にて奉仕すること3年余,天延2(974)年に疱瘡を病み,現地でその生涯を閉じた。なお,隆子は和歌を好み,源順を判者として歌合を行ったとの説もあるが,史料にはみえない。のちの斎宮,規子内親王が天禄3年8月に催した前栽歌合が,史料によっては「斎宮歌合」と呼ばれていることから,当時の斎宮隆子が主催したものと誤解されたのであろう。

(西村さとみ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隆子女王の関連キーワード藤原公季扶桑集雅子内親王恭子女王久勢女王柔子内親王(2)俊子内親王源和子源周子善子内親王

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone