コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊鑑寺 れいがんじ

世界大百科事典 第2版の解説

れいがんじ【霊鑑寺】

京都市左京区鹿ヶ谷にある臨済宗南禅寺派の尼門跡寺院。円成山と号する。通称〈谷の御所(たにのごしよ)〉,また〈鹿ヶ谷比丘尼御所〉。本尊如意輪観音。後水尾法皇の発願で皇女浄法身院宮宗澄尼(多利宮)を開山に,寺領120石を寄せて開創,1654年(承応3)勅許により円成山霊鑑寺と称した。そののち明治維新まで皇女が入寺して歴代住持となり,堂宇再造には禁裏の旧御殿を下賜されるなど,皇室との関係は深かった。現在本堂,庫裏,書院,表門などを備え,寺域は広く,境内は閑寂典雅な景趣に富む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霊鑑寺
れいかんじ

京都市左京区鹿ヶ谷(ししがたに)御所ノ段町にある臨済(りんざい)宗南禅寺派の尼寺。山号は円成山(えんじょうさん)。谷(たに)御殿、鹿ヶ谷御所ともいう。本尊は如意輪観音(にょいりんかんのん)。1653年(承応2)後水尾(ごみずのお)天皇は霊夢を感じ、如意ヶ岳(大文字(だいもんじ)山)山頂にあった如意寺の如意輪観音像を移し、西麓(せいろく)の鹿ヶ谷に当寺を建立、その際、如意寺に伝わる霊鏡も移したことから寺号を命名した。後水尾天皇の皇女宗澄(そうちょう)内親王が入住して開基となり、当時は現在地の南隣にあったが、1687年(貞享4)後西(ごさい)天皇の皇女普賢院(ふげんいん)宮が住持したとき父帝の旧殿を賜り、現在地に移建した。以来鹿ヶ谷比丘尼(びくに)御所と称し、代々皇女が入寺して霊鑑寺尼宮とよばれた。後水尾、後西、光格(こうかく)諸帝の宸翰(しんかん)などが伝わる。[平井俊榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

霊鑑寺の関連キーワード隆子女王(3)霊鑑寺宗栄女王比丘尼御所鹿ヶ谷御所宗澄女王滝原宋閑宗真女王宗諄女王宗栄女王月江宗澄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊鑑寺の関連情報