随伴症状(読み)ずいはんしょうじょう(英語表記)accompanying symptom

日本大百科全書(ニッポニカ)「随伴症状」の解説

随伴症状
ずいはんしょうじょう
accompanying symptom

ある疾患や状態に付随して起こる副次的な症状。疾患の主要な症状ではないが、病態学的・生理学的にみて、当該の疾患や状態に関連して起こりうる症状をいう。たとえば高血圧症では、主症状は高血圧であるが、これに伴ってのぼせや肩こり、頭重感などが生じることがある。これらは高血圧の随伴症状である。

 そのほか、月経随伴症状(月経前~月経中に起こる下腹部痛や腰痛、乳房の張り・痛み、下痢・便秘、嗜眠(しみん)、倦怠(けんたい)感、いらいらなど)や、腫瘍(しゅよう)随伴症状(腫瘍随伴症候群ともいう。腫瘍の浸潤や転移とは無関係に、腫瘍の存在に関連して起こる内分泌系や神経系、血液等の異常により、発熱、低血糖、食欲不振、体重減少などさまざまな症状がみられる)などが知られている。

[編集部 2018年5月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android