コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隔てる ヘダテル

デジタル大辞泉の解説

へだ・てる【隔てる】

[動タ下一][文]へだ・つ[タ下二]
物の間に距離をおく。「五メートル―・ててくいを打つ」
物を間に置く。また、置いて遮る。仕切る。「障子を―・てて話す」「ついたてで部屋を―・てる」
時間的に距離をおく。年月がたつ。「時を―・てること百年」
関係をうとくする。壁をつくる。「疑心暗鬼が二人を―・てた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へだてる【隔てる】

( 動下一 ) [文] タ下二 へだ・つ
二つのものの間に、交流を妨げるような物や空間・時間がある。
物を間においてさえぎる。 「生け垣で-・てられた家」
物を間に置く。 「大通りを-・てた向こう側」 「テーブルを-・てて向かいあう」
時間的な距離をおく。年月をおく。 「三〇年という歳月を-・てて再会した」
別にする。 「幽明を-・てる」
人を疎んずる。男女の仲を遠ざける。 「二人の仲を-・てる」 「さばかり思ふを知らで、-・て給ひしかばなむ辛かりし/源氏 須磨」 〔「隔たる」に対する他動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隔てるの関連キーワードシュヴェルツベルガー:鍵盤で世界の探検/piano soloジョホールシンガポールコーズウエーニエンチェン・タンラ[山脈]スターティヴァントの法則コンソールボックス幽明界を異にするジョージ六世海峡イコノスタシス吹き物・吹物クロンボー城ブリタニア橋マルマラ海アンヘルモ肺動脈弁スケイ門クラ地峡ヌエボ橋大動脈弁懸隔てる差し隔つ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隔てるの関連情報