コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挟む/挿む/差(し)挟む サシハサム

デジタル大辞泉の解説

さし‐はさ・む【挟む/挿む/差(し)挟む】

[動マ五(四)]
間に入れる。はさみこむ。「しおりを本に―・む」
他人の話に途中から割り込む。別の意見などを言って干渉する。「口を―・む」「異論を―・む」
ある考えを心中に含み持つ。「疑念を―・む余地のない結論」
[可能]さしはさめる

はさ・む【挟む/挿む】

[動マ五(四)]
物と物との間に差し入れる。「しおりを本に―・む」「パンにハムを―・む」
物と物との間に入れて落ちないようにする。両側から物をしっかり押さえる。「箸(はし)で菓子を―・む」「ドアに指を―・む」
何かをしている途中に、別のものを入れる。さしはさむ。「休憩を―・む」
何かを間に置いて相対する。「テーブルを―・んで座る」
心にいだく。「疑いを―・む」「異心を―・む」
(「小耳にはさむ」の形で)聞くとはなしに聞く。聞き込む。「噂を小耳に―・む」
撮(つま)む[用法]
[可能]はさめる
[動マ下二]《「はざむ」とも》に同じ。
「左右の殿上人、階(きざはし)を―・めて欄干に候ひて」〈著聞集・一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

挟む/挿む/差(し)挟むの関連キーワードspot announcementクリップピクトメ直角二等辺三角形脇の下・腋の下ケーキトングフィリング尻を端折るシス脂肪酸尻を絡げる挟みゲージあんぽーねやっとこ角度定規第三脳室坩堝挟み挟み撃ち瀬田折り尻端折り男端折り鍛冶屋箸