コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雀鮨 スズメズシ

デジタル大辞泉の解説

すずめ‐ずし【××鮨】

小鯛(こだい)を背開きにして、腹に鮨飯を詰めた鮨。もとは江鮒(えぶな)を用いた。大阪・和歌山の名物。形が雀のようにふくれているのでいう。 夏》「蓼(たで)の葉を此君と申せ―/蕪村

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すずめずし【雀鮨】

ふな・小鯛こだいの腹を開き、中に酢飯を詰めて雀のような形にふくらませた鮨。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

すずめずし【雀鮨】


和歌山の郷土料理で姿ずしの一種。小鯛を開いて酢で締め、これをすし飯にのせてにぎる。◇形がすずめのようにふくらんでいることから。「小鯛雀鮨(こだいすずめずし)」ともいう。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

雀鮨の関連キーワード此君江鮒酢飯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雀鮨の関連情報