コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄勝城 おかちのき

日本の城がわかる事典の解説

おかちのき【雄勝城】

秋田県横手市雄物川町(当時の雄勝郡)にあったとされている古代の城柵。奈良時代の759年(天平宝宇3)、陸奥守の藤原朝狩(あさかり)が造営したとされる。雄物川流域一帯では発掘された古代の城柵は払田柵(ほったのさく)(大仙市)のみで、雄勝城の存在は未確認で、横手市教育委員会を中心に発掘調査が続いている。払田柵が雄勝城とする説もあるが、年代測定によれば払田柵は雄勝城造営の記録よりも新しく別の城柵であるとする意見も根強く、雄勝城はのちに払田柵に包含されたのではないかという説など、諸説ある。◇「おがちじょう」ともいう。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

雄勝城【おがちじょう】

出羽(でわ)国にあった古代の城柵。8世紀前半までに出羽柵,秋田城が築かれ,さらに内陸部へ進んで蝦夷(えみし)経営のために759年に築かれた。のち10世紀ごろまで,秋田城とともに出羽国統治の中心となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おがちじょう【雄勝城】

8世紀の前半までに出羽柵秋田城が築かれ,出羽国の庄内平野秋田平野が一応律令国家に組みこまれた。ついで政府は懸案であった秋田県の内陸部,雄勝地方(横手盆地)への進出を企てた。そのために759年(天平宝字3)に築かれたのが雄勝城である。これは東北の行政・軍事の全権をゆだねられた藤原朝獦が積極的に推進した政策で,雄勝城築城に呼応するがごとく,陸奥側では同時に桃生(ものう)城が築かれる。雄勝城は築城以来10世紀ごろまでにかけて,国府,秋田城とならんで,出羽国統治の中心的役割を果たした城柵である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の雄勝城の言及

【羽後[町]】より

…町の西部は子吉川水系の田代川流域を含む。759年(天平宝字3)に築かれた雄勝城の所在地を町内に比定する説がある。中心の西馬音内(にしもない)は雄物川西岸の交通・経済の中心で,由利郡への道も通じており,近世には本荘・亀田両藩の本陣も置かれた。…

【払田柵遺跡】より

…従来この遺跡は一大軍事基地のように評価されてきたが,近年の発掘によって,むしろ官衙的な性格が明らかになってきた。現在は,本遺跡を山本郡の郡衙あるいは雄勝城にあてる説があるが,遺跡の規模や形から郡衙とは理解しがたく,雄勝城説に利があろうかと思われる。ただこの説に対しても,この地が後の雄勝郡内でないので無理であるという批判もある。…

※「雄勝城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雄勝城の関連キーワード秋田県雄勝郡羽後町足田羽後[町]藤原麻呂大伴益立百済足人雄勝柵桃生城

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄勝城の関連情報