コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄和[町] ゆうわ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうわ【雄和[町]】

秋田県中部,河辺郡の町。人口8743(1995)。秋田市の南に接し,南部と西部は出羽山地に属する丘陵地。中央部を雄物川が蛇行しながら北流し,沿岸に耕地が開ける。近世以来,雄物川舟運の要所として栄えたが,1905年の奥羽本線,24年の羽越本線の開通により舟運は衰えた。米作が主であるが,丘陵部では肉牛の飼育なども行われており,64年には畜産センターが開設された。また73年から町西部の椿川に新秋田空港の建設が進められ,81年に開港した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android