雄和(読み)ゆうわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雄和
ゆうわ

秋田県中西部,秋田市南部の旧町域。雄物川下流部に位置する。 1956年種平村,戸米川 (とめがわ) 村,大正寺 (たいしょうじ) 村の3村が合体して雄和村となり,1957年川添村を編入。 1972年町制。 2005年秋田市に編入。米作を中心に,野菜栽培も行なわれる。 1981年北部に秋田空港開港

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄和
ゆうわ

秋田県中央部、河辺(かわべ)郡にあった旧町名(雄和町(まち))。現在は、秋田市の南東部を占める一地区。1956年(昭和31)種平(たねひら)、戸米川(とめがわ)、大正寺(だいしょうじ)の3村が合併して雄和村となり、1957年川添村を編入、1972年町制施行。2005年(平成17)河辺(かわべ)町とともに秋田市へ編入。旧町域は、雄物(おもの)川下流域を占める。国道341号が通じ、日本海東北自動車道の秋田空港インターチェンジが近い。雄物川沿いに耕地が開け米単作の純農村であったが、1981年に秋田空港が建設され、それに伴って道路網と水道が整備され、過疎化が止まり、企業進出も決定した。基幹産業は農業で、野菜栽培、食品加工・販売が盛ん。2000年には県の農業試験場が開場した。県立中央公園、国際教養大学、俳人石井露月(ろげつ)の生家などがある。[宮崎禮次郎]
『『雄和町史』(1976・雄和町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄和の関連情報