コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄和 ゆうわ

2件 の用語解説(雄和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雄和
ゆうわ

秋田県中西部,秋田市南部の旧町域。雄物川下流部に位置する。 1956年種平村,戸米川 (とめがわ) 村,大正寺 (たいしょうじ) 村の3村が合体して雄和村となり,1957年川添村を編入。 1972年町制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄和
ゆうわ

秋田県中央部、河辺(かわべ)郡にあった旧町名(雄和町(まち))。現在は、秋田市の南東部を占める一地区。1956年(昭和31)種平(たねひら)、戸米川(とめがわ)、大正寺(だいしょうじ)の3村が合併して雄和村となり、1957年川添村を編入、1972年町制施行。2005年(平成17)河辺(かわべ)町とともに秋田市へ編入。旧町域は、雄物(おもの)川下流域を占める。国道341号が通じ、日本海東北自動車道の秋田空港インターチェンジが近い。雄物川沿いに耕地が開け米単作の純農村であったが、1981年に秋田空港が建設され、それに伴って道路網と水道が整備され、過疎化が止まり、企業進出も決定した。基幹産業は農業で、野菜栽培、食品加工・販売が盛ん。2000年には県の農業試験場が開場した。県立中央公園、国際教養大学、俳人石井露月(ろげつ)の生家などがある。[宮崎禮次郎]
『『雄和町史』(1976・雄和町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雄和の関連情報