コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄国沼 オグニヌマ

世界大百科事典 第2版の解説

おぐにぬま【雄国沼】

福島県北西部,耶麻郡北塩原村南西部にあるカルデラ湖。標高1089m。南北の長さ1.3km,最大幅0.6km,最大深度4.5m。南東2kmにある猫魔ヶ岳(1404m)や厩岳(うまやだけ)山,古城ヶ峰,二子山,雄国山などの山峰が外輪山をつくる。北東端から雄子沢(おしざわ)川が流出し,檜原(ひばら)湖に注ぐ。17世紀中ごろ,大塩平左衛門が北西部の小沼峠の山腹を掘り抜き,この水を引いて雄国山西麓に雄国新田を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕雄国沼(おぐにぬま)


福島県北西部、猫魔ヶ(ねこまが)岳(標高1404m)西腹のカルデラ湖。面積0.5km2。北東岸から雄子沢(おしざわ)川が流出し、桧原(ひばら)湖に注ぐ。一帯は高山・湿生植物に富み、ミズバショウほかの湿原植物群落は天然記念物。磐梯朝日(ばんだいあさひ)国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄国沼
おぐにぬま

福島県中北部、磐梯(ばんだい)山西方6キロメートルにある小カルデラ湖。猫魔(ねこま)ヶ岳、雄国山などに囲まれる。周囲約4キロメートル、面積0.5平方キロメートル、水深4.5メートル。湖岸の湿原にはミズバショウ、ニッコウキスゲ、ヒオウギアヤメなどの大群落があり、国の天然記念物。湖水は雄子沢(おしざわ)川によって桧原(ひばら)湖に注ぐ。1659年(万治2)開削の雄国用水はこの沼の水を引き、雄国山西麓(せいろく)の雄国新田を灌漑(かんがい)する。喜多方(きたかた)市から途中までバスが通じる。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雄国沼の関連キーワード北塩原(村)湿生植物