コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団選抜 しゅうだんせんばつ mass selection

1件 の用語解説(集団選抜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうだんせんばつ【集団選抜 mass selection】

作物・家畜の品種改良(育種)で実施している選抜方法の一つで,個体選抜系統選抜と違い,集団として選抜個体群を維持していく方法をいう。もともと交雑育種法とは異なる分離育種法で行われてきた選抜操作の一つで,他殖性動植物のために考案されたものであるが,現在は種々の育種の場面に応用されている。まず原品種を集団栽培して個体間で自然交雑をさせる。その中から優良個体をいくつか選び,それらの種子を混ぜて次世代を養成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

集団選抜の関連キーワード育種品種改良牧草和牛突然変異育種ゲノム育種改良種種付け竹崎嘉徳松岡直右衛門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone