集団選抜(読み)しゅうだんせんばつ(英語表記)mass selection

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうだんせんばつ【集団選抜 mass selection】

作物・家畜品種改良(育種)で実施している選抜方法の一つで,個体選抜系統選抜と違い,集団として選抜個体群を維持していく方法をいう。もともと交雑育種法とは異なる分離育種法で行われてきた選抜操作の一つで,他殖性動植物のために考案されたものであるが,現在は種々の育種の場面に応用されている。まず原品種を集団栽培して個体間で自然交雑をさせる。その中から優良個体をいくつか選び,それらの種子を混ぜて次世代を養成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android