コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個体選抜 こたいせんばつ individual selection

1件 の用語解説(個体選抜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こたいせんばつ【個体選抜 individual selection】

品種改良(育種)上の基本的な選抜操作の一つ。特性の異なった個体を含む作物の集団から,希望する特性をもつ個体を選び出すこと。作物では1株全体から採種したり,株そのものを選んで維持することを株選抜といい,1穂ごとに採種することを穂選抜という。どのような品種改良のやり方でも,どこかの過程で個体選抜は必要である。生物遺伝資源を求めて遠隔地へ行き,採種するときには個体(穂)選抜をしてくる。このときはいくつかの個体を採ることによって,生育群を代表するようなくふうをする必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

個体選抜の関連キーワード育種品種改良突然変異育種異系交配基本味地力増進基本方針市原ツギ大野市治竹崎嘉徳松岡直右衛門

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

個体選抜の関連情報