コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個体選抜 こたいせんばつindividual selection

1件 の用語解説(個体選抜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こたいせんばつ【個体選抜 individual selection】

品種改良(育種)上の基本的な選抜操作の一つ。特性の異なった個体を含む作物の集団から,希望する特性をもつ個体を選び出すこと。作物では1株全体から採種したり,株そのものを選んで維持することを株選抜といい,1穂ごとに採種することを穂選抜という。どのような品種改良のやり方でも,どこかの過程で個体選抜は必要である。生物遺伝資源を求めて遠隔地へ行き,採種するときには個体(穂)選抜をしてくる。このときはいくつかの個体を採ることによって,生育群を代表するようなくふうをする必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

個体選抜の関連情報