個体選抜(読み)こたいせんばつ(英語表記)individual selection

世界大百科事典 第2版の解説

こたいせんばつ【個体選抜 individual selection】

品種改良(育種)上の基本的な選抜操作の一つ。特性の異なった個体を含む作物の集団から,希望する特性をもつ個体を選び出すこと。作物では1株全体から採種したり,株そのものを選んで維持することを株選抜といい,1穂ごとに採種することを穂選抜という。どのような品種改良のやり方でも,どこかの過程で個体選抜は必要である。生物遺伝資源を求めて遠隔地へ行き,採種するときには個体(穂)選抜をしてくる。このときはいくつかの個体を採ることによって,生育群を代表するようなくふうをする必要がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

個体選抜の関連情報