コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離育種 ぶんりいくしゅbreeding by separation

1件 の用語解説(分離育種の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんりいくしゅ【分離育種 breeding by separation】

品種改良の手法の一つ。栽培されている農作物,家畜の在来品種は,多少とも遺伝質が違う個体が混ざって雑ぱくな個体群を形成している。このような個体群の中から特定の好ましい遺伝質をもつ均一な個体(群)を選抜したり,あるいは逆に不良な遺伝質を除去したりして新品種を作りだす育種方法である。この育種法は他の育種法よりも古くから利用されて大きな成果を上げてきたが,その科学的根拠はW.L.ヨハンセン純系説(1903)によって与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の分離育種の言及

【品種改良】より

…国家規模での品種改良は,全国からこれら在来品種を集めて比較試験を行うことから始まり,各地方に適した優良品種の選定がすすんだ。1910年から純系選抜法を用いた分離育種法の適用が始まったが,その効果は著しく,その後約10ヵ年はこの方法によって優良品種がつくられた。一方,品種間交雑による品種改良は1904年から試みられ,その後,交雑育種がしだいに品種改良の主流になる。…

【林木育種】より

…導入育種は,その土地になかった樹種,品種を新たにもちこんで,その土地に適した優れた材料を育成する方法である。選抜育種は分離育種とも呼ばれ,多くの遺伝的変異を含む集団から望ましい形質をもつものを選びだす方法で,自殖性植物での純系分離,他殖性植物での系統分離,栄養繁殖する植物での栄養系分離に細分されるが,林木では系統分離と栄養系分離が主である。創成育種はこれまでになかった新しい材料をつくりだすもので,交雑育種と非交雑育種にわけられており,後者には倍数体の利用,人為突然変異の利用などが含まれている。…

※「分離育種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone