コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用指数 こようしすう employment index

3件 の用語解説(雇用指数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用指数
こようしすう
employment index

雇われて就業している者の数を指数化したもので,雇用水準の時系列的変化を示す経済指標の一つ。日本では厚生労働省の「毎月勤労統計調査」の対象産業から,サービス業を除いた各産業別およびその合計の常用雇用指数が毎月発表されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こようしすう【雇用指数 employment index】

雇用水準の変化を示す数量指数(数量の変動を示す指数)で,基準時における雇用者数に対する比較時の雇用者数の比率を指数化したもの。日本で現在公表されている雇用指数は,労働省が毎月勤労統計調査による毎月末の常用雇用労働者数を基礎として算定しているものである。産業別指数およびその合計,業種別の指数が1952年以降,月別に公表されている。【黒田 満】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雇用指数
こようしすう
index of employment

雇用の変動状況を明らかにするために、ある一定時点における雇用者数を基準(100)として各時点(月あるいは年)の雇用者数を指数として示したもの。わが国では1995年(平成7)を基準時として、常用雇用指数が1970年(昭和45)までさかのぼって作成されている。常用雇用指数は、「毎月勤労統計調査」(指定統計第7号)と「事業所・企業統計調査」(指定統計第2号)の常用労働者数のデータに基づいて作成される。ここで「常用労働者」とよばれるのは、日々または1か月以内の期間を定めて雇われている者、あるいは最近2か月にそれぞれ18日以上雇われた者、そのほか、常勤の役員、常勤の家族労働者などのことである。この指数は、毎月勤労統計調査により常時30人以上を雇用する事業所を対象として得られた毎月末の推定労働者数をもとに、5年ごとに全国事業所を対象に全数調査として行われる事業所・企業統計調査の常用雇用者数をベンチマーク(推計基準)にして算定される。産業別(製造業については中分類まで)に作成され、厚生労働省によって『毎月勤労統計調査報告』『労働統計調査月報』『労働統計年報』などに公表される。[高島 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雇用指数の関連キーワード折れ線グラフ数量化Ⅱ類消費者物価指数数量指数賃金指数実質雇用者報酬時間軸買い越しパーシェ指数農業生産指数

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雇用指数の関連情報