(読み)いえども

精選版 日本国語大辞典「雖」の解説

いえ‐ども いへ‥【雖】

連語〙 (動詞「いう()」の已然形に接続助詞「ども」のついたもの。格助詞「と」に続けて用いられる) 逆接の確定条件または仮定条件を表わす。…ではあるけれども。たとい…でも。…だとて。…たとて。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)三「法身は常住なりといへども、常見に堕せず。復断滅すと雖、亦断見には非ず」
源氏(1001‐14頃)桐壺「絵にかける楊貴妃かたちは、いみじき絵師といへども筆限りありければ、いとにほひすくなし」
[語誌](1)万葉では「雖」に「ど」「ども」を当てている。また、「雖有」を「ありといへど」とよんでいるように、漢文訓読では「といへど」「といへども」「といふとも」の訓は早くから固定したといえる。その「いふ」は実質的意味の薄いものである。
(2)「雖」の訓読は、平安時代には仮定条件を表わす場合には「といふとも」、確定条件を表わす場合には「といへども」と使い分けられていたが、のちに、「といへども」に固定化された。この結果、「といへども」は仮定条件を表わす場合にも用いるようになった。

いう‐とも いふ‥【雖】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android