コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波利三 ナンバトシゾウ

3件 の用語解説(難波利三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんば‐としぞう〔‐としザウ〕【難波利三】

[1936~ ]小説家。島根の生まれ。大阪の庶民生活を題材にした大衆小説直木賞候補の常連となり、6度目の「てんのじ村」で受賞。他に「地虫」「雑魚(ざこ)の棲(す)む路地」「イルティッシュ号の来た日」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波利三 なんば-としぞう

1936- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和11年9月25日生まれ。業界紙記者,学習塾経営をへて文筆業にはいる。昭和47年「地虫」でオール読物新人賞。大阪の庶民生活をえがきつづけ,59年「てんのじ村」で直木賞をうけた。島根県出身。関西外語短大中退。作品はほかに「俺の出番や」「草暖簾」など。

難波利三 なにわ-りぞう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
一中節。流祖都太夫一中とともに京坂の歌舞伎芝居で評判をえる。正徳(しょうとく)5年(1715)一中,三中とともに江戸にいき,市村座で三味線方をつとめ人気をあつめた。初名は都里三。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

難波利三の関連キーワード赤江瀑重兼芳子三田誠広石和鷹石井代蔵稲見一良林郁広瀬仁紀山下惣一山田智彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

難波利三の関連情報