コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨に唄えば あめにうたえば Singin'in the Rain

5件 の用語解説(雨に唄えばの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨に唄えば
あめにうたえば
Singin'in the Rain

アメリカ映画。ローズ・インコーポレイテッド,MGM1952年制作。監督スタンリードーネン,ジーン・ケリー。脚本 A.グリーン,B.コムデン。サイレントからトーキーに移り変ろうとするハリウッドの映画撮影所を背景として,花形映画スターとコーラスガールとの恋の成就を描いたミュージカル映画の傑作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

雨に唄えば

アメリカのポピュラーソング。作詞:アーサーフリード、作曲:ナシオハーブブラウン。原題《Singin' In The Rain》。1952年の同名のミュージカル映画の主題曲。主演のジーン・ケリーが雨の中タップを踊りながら歌う有名なシーンで使用されている。

雨に唄えば

1952年製作のアメリカ映画。原題《Singin' in the Rain》。ジーン・ケリー主演のミュージカル映画の傑作。監督:ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン、共演:デビー・レイノルズ、ドナルド・オコナーほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あめにうたえば【雨に唄えば Singin’ in the Rain】

ジーン・ケリー,スタンリー・ドーネン共同監督・振付によるアメリカのミュージカル映画。1952年製作。トーキーの出現によって変貌する1927年(最初のトーキー映画ジャズシンガー》が公開された年である)のハリウッドを舞台に,映画製作の内幕(悪声のスターが失脚し,美声の一少女が幸運をつかむ等々)が,〈ジャズ・エージ〉の風俗とともに描かれ,単純な〈ボーイミーツ・ガール〉形式のミュージカル・コメディとはひと味異なるくふうが凝らされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨に唄えば
あめにうたえば
Singin' in the Rain

アメリカ映画。監督ジーン・ケリーGene Kelly(1912―1996)、スタンリー・ドーネンStanley Donen(1924― )。1952年作品。メトロ・ゴールドウィン・メイヤー社(MGM)が牽引(けんいん)したミュージカル映画黄金期の作品で、このジャンルの成熟度がみてとれる秀作。スター俳優ドン(ジーン・ケリー)と彼に好意を寄せるコーラスガールのキャシー(デビー・レイノルズDebbie Reynolds、1932― )とのロマンスの物語のなかに、トーキー時代の到来によるミュージカルジャンルの誕生という映画史的プロットが盛り込まれている。物語の筋は圧縮され、ダンスシーンの比率が多く、ダンサーと同じようにカメラも振り付けられたかのように動くことで、ダンスシーン自体が物語を進める推進力となっている。ケリーは土砂降りの雨のなかで、歌いながら街灯の周りを回り、水たまりの水をはねあげ踊る。その躍動感あふれるダンスをクレーンショット(巨大なアームに似たクレーン装置を使って撮影したショット)や、旋回運動などを交えてカメラもまた移動していく。「カメラの動き」を巧みに使うことで、舞台ではなしえない、映画という情報媒体を存分に生かし、ミュージカルという既存のジャンル様式の壁を一枚破った作品。1960年代のブロードウェー・ミュージカルの映画化という、次世代のミュージカル映画スタイルへの布石ともいえる画期的作品。1953年(昭和28)日本公開。[堤龍一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雨に唄えばの言及

【ミュージカル映画】より


[ミュージカル映画の誕生]
 1920年代の初めにレコードを通じて全米のアイドルとなっていたアル・ジョルスンAl Jolson(1886‐1950)が,ワーナー・ブラザースの実験的なサウンド短編《エープリル・シャワーズ》(1926)につづく《ジャズ・シンガー》(1927)で《マイ・マミー》や《ブルー・スカイ》を歌ったとき,〈トーキー映画〉と〈ミュージカル映画〉が同時に誕生した。その後,ミュージカル映画はハリウッドの各社で次々につくられたが,そのなかで,MGMのアービング・タルバーグが2人の若いソング・ライター,すなわち作詞家のアーサー・フリード(1894‐1973)と作曲家のナシオ・ハーブ・ブラウン(1896‐1964)のコンビを起用してオリジナル・ナンバーを書かせ,ハリー・ボーモント監督により〈100%オール・トーキング,100%オール・シンギング,100%オール・ダンシング〉といううたい文句で製作してアカデミー作品賞を受賞した《ブロードウェイ・メロディー》(1929)が,初期のミュージカル映画の原型とされる(のち〈MGMミュージカル〉のシンボルの一つにすらなった名曲《雨に唄えば》もこの作品のナンバーの一つであった)。この成功に刺激されて,ワーナー・ブラザースの《ブロードウェイの黄金時代》(1929),ユニバーサルの《キング・オヴ・ジャズ》(1930),フォックスの《フォックス・ムービートン・フォリーズ》(1930),パラマウントの《パラマウント・オン・パレード》(1930)など,〈バックステージもの〉(舞台裏を描いたミュージカル)やレビュー形式のミュージカル映画が数多くつくられ,ひたすら華麗に見せる現実逃避的な内容は大同小異ではあったが,不況下の観客に夢をあたえた。…

※「雨に唄えば」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雨に唄えばの関連キーワードウエスタンリーグカントリーシャレードスタンリービルスタンリープールイージートーン フリースタイル ハイイージートーン リープライズ踊る大紐育スタンレー探検記ビグリーン スタンプ台

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雨に唄えばの関連情報