悪声(読み)あくせい

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐せい【悪声】

〘名〙
① 声が悪いこと。また、その声。⇔美声
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉八「長唄の三味線弾きの家へ日参して『旅の衣は篠懸のウ』と吠えて見たけれど性来の悪声(アクセイ)でモノに成らず」
② 人を悪く言うこと。また、その言葉。悪口。悪評。〔文明本節用集(室町中)〕
※青春物語(1932‐33)〈谷崎潤一郎〉小山内氏とのいきさつのこと「近頃小山内氏が蔭へ廻ってしきりに君のために悪声を放ってゐる」 〔史記‐楽毅伝〕
③ よこしまな声。野卑な、または、聞き苦しい声。みだらな声や音。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)四「元より不善の人なければ耳悪声(アクセイ)を聴くことなし」 〔孟子‐万章下〕
④ 不吉な声や音。〔晉書‐祖逖伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報