コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨漏手 あまもりで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨漏手
あまもりで

高麗茶碗の一種。表面に灰,紫色の汚斑が雨漏りのしみのようについているものをいう。焼成中に釉 (うわぐすり) のピンホールから素地 (きじ) の鉄分などが鈍く発色して発散したものと,使用中によごれがしみこんで斑文をつくったものとがある。粉引茶碗に多い。酒井家伝来の「雨漏」 (根津美術館) と,松浦家伝来の「雨漏」 (福岡市美術館) が名物として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

雨漏手の関連キーワード茶碗

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android