雨漏手(読み)あまもりで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雨漏手」の解説

雨漏手
あまもりで

高麗茶碗一種。表面に紫色の汚斑が雨漏りしみのようについているものをいう。焼成中に釉 (うわぐすり) のピンホールから素地 (きじ) の鉄分などが鈍く発色して発散したものと,使用中によごれがしみこんで斑文をつくったものとがある。粉引茶碗に多い。酒井家伝来の「雨漏」 (根津美術館) と,松浦家伝来の「雨漏」 (福岡市美術館) が名物として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「雨漏手」の解説

あまもり‐で【雨漏手】

〘名〙 陶器を長年使用しているうち、釉(うわぐすり)のひびわれから化学成分が入り、雨漏りのしみのようなものが現われたもの。茶碗見所の一つとして重視される。朝鮮茶碗の堅手(かたで)、粉引(こひき)熊川(こもがい)等に多い。雨漏り。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android