コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊川 クマガワ

デジタル大辞泉の解説

くま‐がわ〔‐がは〕【熊川】

栃木県北東部を流れる川。那珂川水系、蛇尾(さび)川支流の一。那須塩原市の黒滝山(標高1754メートル)東斜面に源を発し、那須野ヶ原を流れ大田原市で蛇尾川に注ぐ。長さ29.6キロ。

コモガイ【熊川】

《〈朝鮮語〉》高麗(こうらい)茶碗の一。口縁が反り返り、高台が大きく、見込みの底にとよばれる円形のくぼみがある。真(ま)熊川・鬼熊川などに分けられる。朝鮮半島南東部の港、熊川から積み出されたための称といわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コモガイ【熊川】

〔朝鮮語〕
高麗茶碗の一。口縁は反り返り、胴は深く、高台は比較的大きい。見込みに鏡と称する円形の窪みがある。釉うわぐすりは多く枇杷色を呈する。真熊川・鬼熊川などがある。朝鮮の古い港、熊川から輸出されたことによる名称という。こもがえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の熊川の言及

【上中[町]】より

…古くから開けた地で,4~5世紀の古墳が多く,西塚,上の塚,中の塚,上船塚,下船塚の5基の前方後円墳は史跡に指定されている。交通の要衝にあり古代から京都との交流が盛んで,若狭街道沿いの熊川は宿場町として発展,江戸時代には小浜藩の口留番所が置かれた。現在も街道筋は往時の面影を残している。…

※「熊川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熊川の関連キーワード福井県三方上中郡若狭町熊川ヴィヴィアナ デュランテ福井県三方上中郡若狭町Kバレエ・カンパニー福島県双葉郡大熊町東京都福生市熊川熊川(高麗茶碗)大熊[町]上中[町]はうとくん福生[市]九里半街道北川(川)福生(市)倭館・和館二山治雄新羅土器丹波高地野坂山地那須野原

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊川の関連情報