コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊川 クマガワ

3件 の用語解説(熊川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くま‐がわ〔‐がは〕【熊川】

栃木県北東部を流れる那珂川水系の支流の一。那須塩原市の黒滝山(標高1754メートル)東斜面に源を発し、那須野ヶ原を流れ大田原市蛇尾(さび)川に注ぐ。長さ29.6キロ。

コモガイ【熊川】

《〈朝鮮語〉》高麗(こうらい)茶碗の一。口縁が反り返り、高台が大きく、見込みの底に鏡とよばれる円形のくぼみがある。真(ま)熊川・鬼熊川などに分けられる。朝鮮半島南東部の港、熊川から積み出されたための称といわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コモガイ【熊川】

〔朝鮮語〕
高麗茶碗の一。口縁は反り返り、胴は深く、高台は比較的大きい。見込みに鏡と称する円形の窪みがある。釉うわぐすりは多く枇杷色を呈する。真熊川・鬼熊川などがある。朝鮮の古い港、熊川から輸出されたことによる名称という。こもがえ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熊川の言及

【上中[町]】より

…古くから開けた地で,4~5世紀の古墳が多く,西塚,上の塚,中の塚,上船塚,下船塚の5基の前方後円墳は史跡に指定されている。交通の要衝にあり古代から京都との交流が盛んで,若狭街道沿いの熊川は宿場町として発展,江戸時代には小浜藩の口留番所が置かれた。現在も街道筋は往時の面影を残している。…

※「熊川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熊川の関連キーワード高麗茶碗奥高麗高麗雉高麗版高麗屋高麗焼呉器雨漏り茶碗高麗鶯高麗端

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊川の関連情報