コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪柳 ユキヤナギ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐やなぎ【雪柳】

バラ科の落葉小低木。川辺に生える。枝は弓なりに垂れ、葉は柳のように細くて小さい。春、白い小花が枝上に並んで咲き、雪が積もったように見える。庭や公園によく植えられる。こごめばな。こごめざくら。こごめやなぎ。 春》「―折るとかがめるとしまぶり/草城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ゆきやなぎ【雪柳】

高知の日本酒。創業以来続く銘柄。特別純米酒、本醸造酒、普通酒がある。原料米は土佐錦など。仕込み水は地下湧水、四万十川源流名水。蔵元の「西岡酒造店」は天明元年(1781)創業。所在地は高岡郡中土佐町久礼。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

ゆきやなぎ【雪柳】

バラ科の落葉低木。観賞用に広く栽培される。茎は基部から分枝し、高さは約1メートル。葉は互生し、線状披針形。春、前年に出た枝の節に白色の小五弁花を数個ずつつけ、全体は枝に雪が積もったように見える。コゴメバナ。コゴメヤナギ。漢名、噴雪花。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雪柳 (ユキヤナギ・コゴメバナ;セツリュウ)

学名:Spiraea thunbergii
植物。バラ科の落葉小低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

雪柳の関連キーワード榊原 紫峰児島善三郎コゴメバナ村瀬佐助漢名糏花

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪柳の関連情報