コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪盲 セツモウ

大辞林 第三版の解説

せつもう【雪盲】

積雪の反射光線、特に紫外線によって眼の角膜・網膜に起こる炎症。また、その炎症によって目が見えなくなっている状態。雪目。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪盲
せつもう

雪面から反射された太陽の紫外線が目に入っておこる障害で、雪眼炎、雪目(ゆきめ)などともよばれる。太陽光線のなかで紫外線は、人間の目に光としては感覚されないが、強い化学作用をもつ。晴天の雪原で反射された紫外線を目に受けると、6~8時間の潜伏期を経て激しい痛みがおこり、まぶしくて涙が出る。球結膜には充血があり、角膜表面には細かい上皮びらんが一面に認められる。目を休めていれば1日ないし数日で自然に治る。予防にはサングラスなど防護眼鏡をかける。スキーや雪山の登山などでおこる。また、氷原でおこる氷河カタル、烈日下の長時間にわたる航海でみられる潮負(しおま)けなども同様である。なお、同じ紫外線でも殺菌灯やアーク灯など人工光源、あるいは電気溶接などでおこった場合は電気性眼炎という。いずれにしても紫外線の作用は表面にとどまり、眼球内部に到達して組織を障害するということはない。[内田幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雪盲の言及

【雪眼炎】より

…スキーや積雪期登山などに際し大量の紫外線にさらされたとき,通常6~10時間の潜伏期をおいて急激に羞明(しゆうめい)(まぶしがること),流涙,異物感,眼痛等をおこすものをいい,〈雪盲〉,また俗に〈雪目〉ともいう。雪面から反射した紫外線が結膜や角膜を侵すためで,上記の自覚症状のほか,球結膜の浮腫,充血が強く,また瀰漫(びまん)性表層角膜炎diffuse superficial keratitisが認められる。…

※「雪盲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雪盲の関連キーワード目(め)反射光線内田幸男積雪網膜

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android