コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪眼炎 せつがんえん snow blindness

翻訳|snow blindness

4件 の用語解説(雪眼炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪眼炎
せつがんえん
snow blindness

雪盲,ゆきめともいう。雪の野山に保護めがねなしに長時間いたときに起る眼症状で,主として強い紫外線の作用による。数時間後に異物感,羞明,流涙,ときに眼瞼けいれんが現れる。結膜は充血し,角膜の表層に混濁をみる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雪眼炎【せつがんえん】

雪眼(ゆきめ),雪盲(せつもう)とも。雪の野山に長時間保護眼鏡なしにいるとき,おもに雪面から反射する紫外線の作用で起こる眼炎。炉前作業,電気溶接,殺菌灯使用,烈日下の航海中などで起こる電気性眼炎の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せつがんえん【雪眼炎 snow blindness】

スキーや積雪期登山などに際し大量の紫外線にさらされたとき,通常6~10時間の潜伏期をおいて急激に羞明(しゆうめい)(まぶしがること),流涙,異物感,眼痛等をおこすものをいい,〈雪盲〉,また俗に〈雪目〉ともいう。雪面から反射した紫外線が結膜や角膜を侵すためで,上記の自覚症状のほか,球結膜の浮腫,充血が強く,また瀰漫(びまん)性表層角膜炎diffuse superficial keratitisが認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪眼炎
せつがんえん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雪眼炎の関連キーワード遠紫外線近紫外線紫外線療法スキーヤーUVC極紫外線紫外線殺菌紫外線滅菌シューマン線(紫外線)メイロフスキー現象

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雪眼炎の関連情報