雪眼炎(読み)せつがんえん

百科事典マイペディア「雪眼炎」の解説

雪眼炎【せつがんえん】

雪眼(ゆきめ),雪盲(せつもう)とも。雪の野山に長時間保護眼鏡なしにいるとき,おもに雪面から反射する紫外線作用で起こる眼炎。炉前作業,電気溶接,殺菌灯使用,烈日下の航海中などで起こる電気性眼炎の一つ。前眼部の炎症で,眼に異物感があり,光をまぶしく感じ,流涙,疼痛(とうつう),眼瞼(がんけん)痙攣(けいれん),結膜充血などを呈するが,ビタミンB2グルタチオンの点眼と冷罨法(あんぽう)により2〜3日で治癒。ただし角膜混濁のあるときは,疼痛消失後ジオニン点眼と温罨法を行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雪眼炎」の解説

雪眼炎
せつがんえん
snow blindness

雪盲,ゆきめともいう。雪の野山に保護めがねなしに長時間いたときに起る眼症状で,主として強い紫外線の作用による。数時間後に異物感,羞明,流涙,ときに眼瞼けいれんが現れる。結膜は充血し,角膜表層混濁をみる。保護めがねなしに電気溶接を行なった場合にも同様の症状が出る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「雪眼炎」の解説

せつがんえん【雪眼炎 snow blindness】

スキーや積雪期登山などに際し大量の紫外線にさらされたとき,通常6~10時間の潜伏期をおいて急激に羞明(しゆうめい)(まぶしがること),流涙,異物感,眼痛等をおこすものをいい,〈雪盲〉,また俗に〈雪目〉ともいう。雪面から反射した紫外線が結膜や角膜を侵すためで,上記の自覚症状のほか,球結膜の浮腫,充血が強く,また瀰漫(びまん)性表層角膜炎diffuse superficial keratitisが認められる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android