コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気絶縁油 でんきぜつえんゆinsulating oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気絶縁油
でんきぜつえんゆ
insulating oil

変圧器,開閉器コンデンサ,ケーブルなどに電気絶縁,冷却および機器によっては消弧などのため使用される油。普通,変圧器油と呼ばれているものは,原油を分留し精製した石油系鉱油である。種々の炭化水素混合物で粘度が低い。化学的安定性はかなりよいが,酸化や水分の混入を押える工夫,ならびに定期的純化再生が行われている。電気絶縁耐力は,1気圧の乾燥空気の約3倍である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の電気絶縁油の言及

【絶縁破壊】より

…電気絶縁が本来の機能を失うこと。絶縁材料の種類と構成により種々の形をとる。碍子の表面や,電線と接地導体間など空気中の放電をフラッシオーバーというが,電源を切ってアークが消えれば再び絶縁が回復する。このような絶縁を自復性絶縁という。自復性絶縁の絶縁破壊は一時的である。絶縁油など液体中ではまず気泡が生じて気体放電が起こる場合と,液体中で衝突電離が生じ電子的に破壊する場合がある。固体中の破壊も電子的な破壊と熱破壊に分類される。…

【絶縁油】より

…電気絶縁油ともいう。変圧器,コンデンサー,遮断器,ケーブルなどの電気機器において,電気の絶縁,発生熱の除去,冷却などを目的として用いられる油。…

※「電気絶縁油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電気絶縁油の関連キーワードトランス油絶縁油変圧器

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android